メイン

杉 アーカイブ

2010年06月08日

杉樽(たる)に於ける「目回り」

DSC00912.JPG

酒樽(たる)に使う樽丸(たるまる)の中にも非常に稀ですが、
写真のような不良品が混入することが一年に一度位あります。
木口の黒い部分の冬目が割れているところが見える筈です。

これは「めまわり」と呼んでいる状態で、木目に沿って杉が縦に割れてしまっているのです。
このような材料は樽(たる)に組み立てる時、竹の箍(たが)の力に耐えられないので、
どんな種類の杉樽(たる)であっても使用不能です。
廃棄する他に手段はありません。
本来、ここまで歴然とした状態のものは樽丸(たるまる)の製造過程で見付け次第廃棄しますので、樽屋(たるや)の工房に登場することはあり得ません。

これは、樽屋(たるや)の倉庫に保管中、乾燥して木目が割れてしまったのでしょう。

こんな状態になる原因は山林内での「強風」です。
台風等で強い風が吹くと、当然ながら杉の大木も大きく揺れる訳ですけれど、
ある限界を越すと、このように垂直に木目が割れるか、それとも、
かつて紹介したような「風折れ(かざおれ)」又の名を「うて」という水平にヒビが入る
被害を受けることになる訳で、共に樽(たる)に加工出来ないため、焼却します。

更に強い風に遭った杉は原木まるごと地上に倒れ、山から搬出する値打ちもないので、
山林の中に放置されたままになっています。

決して「風が吹いたら桶屋が儲かる」訳ではないのです。

「めまわり」も「うて」も光線の加減によって見落としにくいものですから、
材料の選別には細心の注意が必要です。

2010年06月15日

杉樽(たる)に於ける「目荒」

DSC01131.JPG

杉に限らず樹木には年輪があります。
酒樽に使用する吉野杉は色と木目、更に榑(くれ)のねじれ具合や厚み等々、
厳重な選別を経て製品に致します。
酒樽,漬物樽、味噌樽以外の液体容器でない樽、すなわち樽太鼓等を作る時に、
これら選別から外れた吉野杉の榑(くれ)を利用します。

写真は吉野杉の中でも極々稀な「目荒」という種類で、杉の芯に近い部分を割ったのでしょう。
昔の樽が倉庫の奥から出て来たので調べていて見付けました。
今では絶対に榑(くれ)として樽丸には加工しない部分です。
大量に酒樽が出荷されていた時期の遺物です。


2010年08月30日

酒樽に適していない杉の木

DSC01639.JPG

吉野杉は酒樽(たる)の材料としては最適なのですけれど、
なにしろ植物。自然のものですから、品質が安定している訳ではありません。
画像のものは「あて」と呼ばれている、杉と思われない位に大変硬度の高い部位です。
「あて字」で「陽疾」と書きます。稀に「档て」とも言いますが、漆器の材料になる「档(あて)」の木と混同し易いので、使わなくなり、「反木」と書いて「あて」と読みました。
硬いけれど実際の強度は普通の杉より劣ります。
建築材に使う場合でも、まことに厄介な代物で、普通は使いません。


杉が生えていた地質によって、こういう変化を起こしてしまいます。
山の斜面など、環境の悪い場所で育った木が太陽に向って垂直に成長しようとする時に、
自身を守るために硬化していきます。
重力に逆らって出来た、材木の肩こりの様なものです。

木樽(たる)は吉野杉の持つ柔らかさをを利用して酒が洩れないものを作る訳ですから、
このような硬い材料は酒樽には適しておりません。
原木を加工する過程で必ず廃棄するので、市場には出て来ないのですが、
一年に一枚か二枚は誤って混入することがあります。
幸い、この場合は蓋(ふた)でしたので、そのまま使用しました。
写真で三枚を接いでいる、真ん中が陽疾(あて)です。

樽太鼓に使えば硬い楽器が出来て丁度よいのですが、材料の確保が出来ません。

2011年08月31日

酒樽屋 吉野へ杉を買いに行く

DSC00972.JPG

DSC00957.JPG

酒樽屋は酒樽ばかり作っている訳ではありません。
菰(こも)ばかり巻いているという状態は緊急事態だったからだけです。

普段は定期的に奈良県南部の吉野地方へ出かけます。

底にも蓋にも化学的接着剤を使わず、全ての材料を吉野杉で作っている樽屋竹十では、
常に良質の材料を定期的に確保するため、吉野地方の中でも酒樽に最適なを植林している、
川上村とその加工作業をしている麓の
吉野町上市へ、しばしば出かけます。

日本で一番、雨が多い山岳地域だからか神戸と比べて涼しいと感じた事はありません。
それでも昔に比べると道路も良くなって、気軽に日帰り出来るようになりました。

下の写真は見事に人口植林された吉野杉です。
これから何十年先が楽しみです。

普段から工場内はスギダラケ、杉に囲まれて仕事をしていますが、
さすが現地の杉林に出かけると本物の森林浴
明らかに気持ちがリフレッシュして帰ってまいります。

2011年09月02日

酒樽用に吉野杉の原木を切る

DSC00902.JPG

この作業を「先山(さきやま)」と謂います。
一般的には「玉切り」とも謂い、切った物は「玉」と呼びます。

今回は四斗樽用の一尺八寸が四本と一斗樽および四斗ハンダルセット用の一尺一寸の物が
一本取れました。

2011年09月03日

吉野杉のミカン割り

IMG_0001.jpg吉野林業全書より

最近は力が必要な部分は器械化されて、楽になりました。
ただし、まっすぐに木目が育った基準以上の品質を持った吉野杉でないと、
この機械は応じてくれません。
つい最近まで下の図のように全てが手作業でした。

2011年09月06日

台風12号 吉野林業へ大きな被害をもたらす

%E5%8F%B0%E9%A2%A8.JPG

大型台風が吉野杉の産地、紀伊半島を直撃。
しかも低速で居座ったために普段から日本一雨量が多い地域なのに、
未曾有の雨が続いたために山崩れが多発しました。
メディアでは余り報道されていませんけれど、
吉野杉の川上村でも命に関わる被害こそ出ておりませんが、
家屋の被害は多発していて、
「たるや竹十」用の樽丸を作っている工場も土砂に埋もれてしまいました。
現在も復旧作業中です。

写真は初夏の台風による被害で、倒れて来た杉が狭い林道をふさぎ、
乗用車は勿論、軽四も四駆も通行不能でした。
今回の豪雨は、この比ではありません。
未だ,雨が続く模様で予断は許されないのです。

%E5%B7%9D%E4%B8%8A%E6%9D%91.jpeg川上村提供 朝日新聞より

写真に見える建物は村役場、森林組合などの村の中枢部。
村の中心を通る国道が通行止めのため、現在は他の場所に仮設移動の由。

「水」は人間にとって最も重要な物質ですが、同時に最も危険な存在である事を、
再認識させられました。東日本大震災に於いても同様です。

皮肉な事に今、最も必要とされている物が又、「水」なのです。
神戸でも阪神淡路大震災の折、一番必要とされた物は電気やガスより「水」でした。


2011年09月07日

吉野杉の樽丸つくり その後

ミカン割りした吉野杉を丸みの付いた鉈(なた)と大槌を使い、
全てを6分(2センチ弱)の厚さに割ります。
木目が切れては樽丸にはならないので、決して製材機は使用しませんし、
素性の良い吉野杉ですと、手で割る方が簡単に良質の樽丸が出来ます。

30秒〜50秒くらいの所が「甲付(こうつき)」を割っている所。
外側に赤味が出ては「背抜け」になり、内側に白太が出ると「甲付」にはなりません。
ほり出した一番外側は「箸」の材料に、最も内側は、昔は底や木栓の材料にしましたが、
今では、もっぱら燃料となります。

この作業をしているY氏の作業場が今回の台風で土砂に埋まってしまいました。
今も復旧作業中ですが、何とか元のように戻って仕事が出来る様になってもらいたいものです。


2011年09月08日

吉野杉の樽丸作り その2

吉野川の清流を前に樽丸の仕上げ作業をする山本さん。
銑(せん)」という特殊な刃物を使って、割った杉の裏と表の厚みを揃え、
木のねじれを修正していきます。

本日、白露。
周囲全てが杉だらけの自然環境は鎮静作用があって何より心地良いものですが、
川上村も襲った、この度の台風12号の脅威は「自然」が持つ優しさの裏側に隠れた
恐ろしさという二面性を思い知らされました。

DSC00913.JPG

よく切れる刃物の大鋸屑(おがくず)は着火材や防臭材にもなるのです。

2012年05月31日

酒樽用に吉野杉を乾燥させる

%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%B0%E3%81%84.jpg吉野町の古絵葉書より

割った吉野杉が樽丸として酒樽に使えるようになるまで数ヶ月間の乾燥が必要です。
最近は見かけなくなりましたが、かつては灘の浜でも写真のように
榑(くれ)を高く積み上げて、自然乾燥させたものです。
「おおばい」と称し、まるで家のようになっていて子供が遊ぶには格好の場。
中に入っていたりするとひどく叱られたものです。

もしかしたら、この写真は醤油樽の底板を作っている風景かも知れません。


2013年10月23日

吉野の材木市で樽材を買ふ

DSC_0124.JPG

本来、吉野杉は酒樽(さかだる)のために植林されてきたものなのですが、木樽(たる)の需要が減って来ると同時に、その無節の麗しさ、色目の美しさから建築材として脚光を浴びるようになり、樽材用の原木はその残り物の感すらありました。
良き時代が続いた後、輸入材や合板が大量に使用されて高価で加工が難しい無垢の杉が売れなっていきます。同時に和樽(たる)に適した杉材も市場に出て来ない事態が発生します。
写真に見える原木の小口にチョークで書かれてている数字は、その容積と価格です。

ここ数年、山には杉は沢山生えていても搬出の手間賃が出ないと言う理由から市場に杉が出て来ない状態が続いていて、樽材の入手が非常に困難になってまいりました。

2013年11月10日

樽(たる)づくりの過程で出て来る大鋸屑(おがくず)の行方

1355834044879.jpg

大きな鋸(のこ)で切った木屑なので「大鋸屑(おがくず)」と書きます。
樽屋では主に銑(せん)で削った銑屑、我々は「ばんば」と呼びます。
この処理に皆さん苦慮されています。
たるや竹十では友人が経営するイタリア料理店でピザ窯の焚き付けに使われています。
写真の窯職人は弓の名人でもあるグラシアーノさん。
彼が焼くピッツァはたるや竹十の吉野杉を使っている事もあって絶品。
ここでも、ボンドを使った端材から出るガスがピッツァの味をダメにしてしまうそうです。
樽(たる)屋のおがくずは薪ストーブの着火剤として販売されています。
そのほか、脱臭剤や入浴剤など見えない所で多用途に活躍しているのです。


たるや 竹十

  • たるや 竹十



  • 写真及び記事の無断転載はご遠慮下さい
  • About 杉

    ブログ「酒樽屋日誌」のカテゴリ「杉」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

    前のカテゴリは木製樽です。

    次のカテゴリはです。

    他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

    Powered by
    Movable Type 3.35