メイン

店 アーカイブ

2009年09月06日

樽屋へ見学者が続く

DSC00061.JPG

なぜか、夏が終わりに近づくと酒樽屋には来訪者が続くのです。
酒樽屋の向かいが観光バスのルートに含まれているからだけではないようで、
今となっては珍しくなった酒樽屋の仕事の現場を見ておこうという方々が多いようです。

DSC09906.JPG

そして、HPをご覧になった方が、未だ店が完成していないのに漬物樽、味噌樽、樽太鼓あるいは酒樽を現物を見て比較された上で直接購入されるケースも多々あります。
早く「店」を完成させなければ!!!


2010年12月10日

酒樽屋に来客続く

DSC00497_2.JPG

師走も半ば近く酒樽屋(さかだるや)も酒樽(さかだる)つくりに、てんてこ舞いの毎日です。
酒樽(さかだる)が珍しいもでしょう。
毎日のように来客があります。
写真の左側の男性は台湾の方、隣はカナダの方で近所の大学に留学中の由。
この数時間前にも漬物樽を購入されに来られた方がいらっしゃって、
酒樽屋(さかだるや)は大忙しです。

樽屋竹十は基本的にオーダーメードの店ですので突然来店されても、
御希望の「樽(たる)」がある訳ではありません。
人気の一斗や二斗、あるいは五升の漬物樽が出荷用に数個あるだけです。
酒樽(さかだる)も完成直前の物はたくさんありますが、
最後の仕上げと洩れの検査は集荷直前に行います。

ご来店の節は前もって、お電話をお願いします。
078−861−8717
午前8:00頃〜午後5:00頃まで。

2011年02月02日

酒樽屋(さかだるや)と古本屋(ふるほんや)

DSC08239.JPG

寒くて当然なのですが、今年の冬は尋常ではありませんね。
神戸という海浜都市といえど、今年の寒さは他の北国と変わらないようです。
むしろ山と海に挟まれた傾斜の強い街ですから、
「六甲おろし」と「浜風」が四六時中吹いていて、
体感温度は実温度より5度位は低いのです。

ただ、この風土が酒造りに欠かせないもので、
樽づくりにも、この寒さと薄暗さが不可欠なのです。
陽当たりが良く、明るい場所では樽(たる)が乾燥し易いので、
古書店が背文字が焼けないように北向きに建っているのと同じように、
大抵の酒樽屋(さかだるや)は北向きで、中の人間には決して良い環境とは言えませんが、
主役は酒樽(さかだる)なのですから仕方がありません。
 
写真は南側の建物が解体されたので、約50年ぶりに姿を見せた酒樽屋の裏側。
建物の下部に窓が並んでいます。
ここに樽職人が並んで、一枚の窓の下にひとつの「みせ」という作業場があったのですけれど、
実は、元来この窓は酒造りの際に空気と光の出し入れを加減するために設けられた、
弁の様なものだと後に知りました。

この建物は昭和30年代の区画整理の折りに建てられた比較的新しいものです。
右側に江戸時代の蔵が四棟並んでいましたが、残念ながら先の震災で失いました。
吉野から来る酒樽(さかだる)用の杉の原木を製材し、
「オオバイ」という形で乾燥させるためには、この前に見える砂地が丁度良い空間でした。
今は建売住宅が並んでしまい、二度と見る事の出来ない風景です。
昭和初期に時代を戻せば更にその前は、すぐ海です。

DSC08862.JPG 「昔の御影」より

2013年01月10日

酒樽屋への訪問者多し

1347862294252_2.jpg

酒樽屋というものが日本中でも十軒以下になってしまったこともあり、
その珍しさからか、訪問される方が多くなりました。
未だ、店舗が完成しておりませんが、酒樽の製作工程等を撮影されたり、
偶然、作り置きしていた木製樽などを御買いもとめて下さったりされます。

古い樽の修理を依頼に突然来られる方も多いのですが、
店主が酒蔵へ出かけていたりして留守の事も多いので、出来るだけ
御電話で予約されてからの御来店を御願いします。

基本的に弊店の木製樽はオーダーメイドなので、御来店下さっても在庫がない場合があります。
木樽も「生もの」なので、沢山作っておく事が出来ないのです。

2014年06月13日

たるや竹十 京都店いよいよ開店

%E8%AC%B9%E8%B3%80%E6%96%B0%E5%B9%B4.jpg

明後日6月15日昼から午後五時まで一日限定でたるや竹十の京都店が開店します。

主に小型の漬物樽(つけものだる)や味噌樽(みそだる)などを展示即売します。


京都市左京区田中里ノ前町49の2
洋菓子のリモールさんの東隣です
staticmap.png


連絡先090−5012−3755

たるや 竹十

  • たるや 竹十



  • 写真及び記事の無断転載はご遠慮下さい
  • About 店

    ブログ「酒樽屋日誌」のカテゴリ「店」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

    前のカテゴリは展覧会です。

    次のカテゴリは撮影です。

    他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

    Powered by
    Movable Type 3.35