メイン

樽を作る アーカイブ

2009年04月15日

吉野杉を使った木樽の作り方 その6 箍(たが)を結う

DSC08785.JPG

竹を割って、細長く加工した物を木樽の外周に合わせて結っていきます。
先ず、竹に丸みをつけて、箍(たが)を結い易くします。
この作業を「竹を殺す」と呼びます。
元に戻ろうとする竹を左手で、しっかり押さえておかねばならないので、力も必要ですが、
折れ易い竹を結う作業は充分な注意も要する工程です。

昔、酒樽のことを「結樽」と呼んでいた語源です。

DSC08821.JPG

真っすぐな,竹を無理矢理丸くする訳ですから、簡単には出来ません。
おおよその形が出来た所で足で押して、真円に近い形に整え、「箍(たが)」を作ります。
更に、木樽の外径の沿わせるため、大きすぎる時は「引き」の、小さすぎると「戻す」作業を繰り返して丁度の大きさの「箍(たが)」を作ります。
樽太鼓の場合は小さくして、硬いものを、漬物樽や味噌樽のように口の開いた木樽の場合は、
少し緩めにする為,大きめに、酒樽のように蓋から洩れては行けない場合は中くらいという風に作る木樽によって「箍(たが)」の強さをそれぞれ微妙に変えますので、技術の違いが歴然と出て来ます。
この「引き」や「戻し」を怠ると良質の味噌樽、漬物樽、樽太鼓、酒樽が出来ません。

DSC08818.JPG

画像の下の竹輪は完全に入った状態。
結いはじめる最初の部分(竹の根に近い太い所)を「元」といいますが、
「元」の下に、もう一回竹が来る結い方でないと「箍(たが)」の力は発揮出来ません。
この「元の下」が後でキーワードになって来ます。
反対側の先の部分は「末」と呼びます。
因に「胴輪」や「小中」の様に力がかからない箍(たが)は一回分、結いを省きます。

上の竹は樽の外周を測って結いはじめる状態、下は完全に樽に収まった状態です。
竹は横の力は弱くて、手で簡単に折れてしまいますが、縦の力は鉄より強いといいます。
実際に今でも、東南アジアでは建築物の足場に丸竹を使う程です。

2009年05月16日

吉野杉を使った木樽の作り方 その7 底を入れる

DSC08962.JPG

底が入る部分を中心に、「丸かんな」で側の段差を整えます。
この作業を怠ると、段差から洩れる原因になるので、重要な工程です。
結構、力と注意力を必要とします。

DSC08964.JPG

あらかじめ、用意しておいた、「底」を所定の位置にはめ込みます。
余り浅い所に入れると容量が足らなくなりますが、
樽太鼓などの場合は浅い程、堅い箍(タガ)を入れる事が出来ます。
もし、底が大き過ぎて所定の位置に納まらない場合は、周囲に銑(セン)をかけて、
底を小さく加工します。

DSC08976.JPG

叩き棒を使って底を水平に、且つ水平に叩き込みます。
余り強く叩くと杉の木ですから、底が割れてしまいますし、緩いと作業の途中で底が抜けてしまいます。
左手に持った、深さを示す「物差し」で測りながら規定の場所まで叩き込みます。


2009年06月12日

吉野杉を使った木樽の作り方 その8 蓋(フタ)のための溝をつくる

DSC09485.JPG

「ありきり」といいます。
かつて道具の項で紹介したことのある、同名の「ありきり」という▷型溝の付いた物を使い、
樽(たる)の蓋(ふた)が嵌まる部分に溝を作ります。
むかしは、この溝を作らずに蓋(ふた)をはめて、鏡開き専用にし、
「アリナシ」という特殊な樽(たる)を作っておりました。
最近は箍(たが)を機械で強く締めるため、自然に溝が出来て区別が出来なくなり、
特別な依頼のない限り「アリナシ」は稀にしか作りません。
また、底の部分にも、同じような溝を作る方法もありますが、
底の直径が完全に同じで、かつ樽(たる)本体の内径も寸分変わらない、機械式の樽(たる)でないと、洩れの原因のひとつになるので、樽屋竹十では,蓋(ふた)の部分にのみ使います。

DSC00044.JPG
二種の「ありきり」


2009年06月16日

吉野杉を使った木樽の作り方 その9 蓋(フタ)を入れる

DSC09494.JPG

8で作った溝に蓋(ふた)を入れるのですが、この作業のためもあって、蓋(フタ)の中心を
竹釘で継いであり、ここが割れて「鏡開き」になる訳です。
樽屋竹十の樽(タル)は他の部分も竹釘を使って接着剤を一切使っていないのですが、
樽太鼓(タルたいこ)の場合も出来る限り化学的接着剤は使わないように努めております。 

DSC09489.JPG

最後に、木槌を使って完全に蓋(フタ)を溝の中に嵌め込みます。
更に小槌を使い、微調整します。
酒樽の場合も樽太鼓(タルたいこ)の場合も工程は同じですが、
樽太鼓(タルたいこ)の場合は箍(タガ)を強く締めて、良い音が出るようにします。

2009年06月29日

吉野杉を使った木樽の作り方 その10 蓋(フタ)を作る

DSC09814.JPG

一斗樽(タル)の底です。
樽作りには樽丸に次いで底と蓋(フタ)が重要な役割を果たします。
竹箍(タガ)や木栓類も無くなると樽(タル)を作る事が出来なくなります。
順番が逆になりますが、樽(タル)の底に接着剤を使わず、竹釘を使って欲しいという依頼があったので、紹介します。

ハウスシックやアトピーで化学的接着剤に対するアレルギーが甚だしいのだそうです。
木工用ボンドはチューインガムの原料になるくらいですから、口に入れても害はありませんが、アレルギーの方には通用しません。

写真のように、何枚かの吉野杉を竹釘を使って継いで行きます。(「そこはぎ」と謂います)
端の半月形の部分を何故か「ビンタ」と呼びます。
他の底蓋を作る時に余った小さい材料を使えるので重宝します。

「ビンタ」は鹿児島弁の頭部をさす方言からではないかと思われます。
この部分を底蓋(フタ)では木頭と呼び、洩れない為に犠牲になる大事な部分なのです。

2009年09月09日

吉野杉を使った木樽の作り方 その7 輪締め

DSC00212.JPG

巻いた竹の箍(タガ)を締めることを「輪締め」と呼びます。
左手の締め木を右手に持つ大きな木槌で叩いて箍(タガ)を締めていきます。
何人もの酒樽職人が槌を振り続ける独特の大音響は冬の風物詩とも言えたのですが、
実際は近所の住民の方々にも迷惑をかけますし、
酒樽職人たちも40代,50代で耳が聴こえにくくなるのが通例です。

DSC00210.JPG

あらかじめ、手で締めた箍(タガ)をさらに強く締めるため、
今では、この工程のみ唯一機械を使用します。

酒樽屋の中でも樽屋竹十の職人たちは最後まで機械の導入を拒みました。
昭和40年代に小豆島の醤油樽屋から製樽機械一式を譲り受けた事があったのですが、
酒樽職人たちは、まるで汚い物を見るかのように扱い、機械は工房の片隅に長く放置されていました。
恐らく、この機械が導入されると自分たちの仕事が無くなると危惧していたのでしょう。
この製樽機械一式は後日、職人たちの冷たい眼に耐えられず別の製樽業者の工場へ譲られて行きました。

「竹十」では、ようやく昭和50年代に酒樽業界で一番最後に「樽輪締機」を新調、設置することになります。
千葉県野田市に「川鍋製作所」という日本で唯一の「樽輪締機」を作る工場がありました。
昔、野田には沢山の醤油樽屋があったからでしょう。全国の樽屋がここに発注、修理を依頼していました。「竹十」も長く、ここに世話になりました。
現在は、別の仕事をされているようです。

97歳まで現役だった、樽屋竹十の一番職人(たくさんいる職人のリーダー格で技術も名人級です)は唯一の機械である「樽輪締機」も使いませんでした。
殆どの酒樽職人たちが喜んで「樽輪締機」を使うなか、彼は目の前に楽な機械があるにも関わらず、最後まで手締めの酒樽を作り続けました。
しかし、ある日に作った酒樽の出来具合に納得出来ず、自ら引退を宣言したその一週間後に亡くなりました。
彼の最後の酒樽は若い私の目では,どこも悪い所がないものでした。

尋常小学校に通いながら酒樽技術を習得し、90年間を樽一筋に生きた見事な人生です。
彼が伝え聞いた文政二年の創業当時の話等を殆ど耳が聴こえなかったにもかかわらず、私に話してくれたものです。


現在「竹十」が使っている写真の輪締機は近所の鉄工所と共同開発した改良型の二代目です。

2010年12月12日

酒樽(さかだる)を作るために竹を削る

DSC00472.JPG

鏡開き用の酒樽(さかだる)を作るには、吉野杉以外に真竹を割って節を削った「輪竹」が必要になります。
これが大変難しい作業なのです。
竹林は日本中に過剰な程あり、その管理費用が捻出出来ない状況下、荒れるにまかせております。
そんな訳で材料の確保には不自由しませんけれど、
切り出して麓まで降ろし、神戸市内までの運搬に最も手間がかかります。
麓の竹から先に伐採すれば簡単なのですが、竹林の真ん中から切らないと山は枯れてしまいます。杉山も同じ問題をかかえております。

昔は酒樽(さかだる)用の竹は京都の右京区から大山崎付近の物を使用して来ましたが、
戦後は、もっぱら山田錦と同じ六甲山の裏側から伐採して来ます。
輪竹が無い事には箍(たが)が組めませんから、樽(たる)を作る事が出来ないのです。

%E7%AB%B9%E3%81%AE%E8%BA%AB.jpg


更に大変困るのが、大量に出る竹の削り屑や竹株の処理です。
上の写真は竹を削った時に出る「竹の身」、これがやっかい者なのです。
現在は自分の敷地内でも裸火は違法なので、燃やす事は厳禁です。
この白い部分は、ある物の材料になるのですけれど、未だ開発途上。

竹の先の部分は箒(ほうき)屋さんが、その柄の材料に買ってくれた時代がありました。
今はプラスチックの柄の付いた外国産がたくさん輸入されて、
箒(ほうき)屋さん自体、殆ど見かけません。
その後、竹馬(たけうま)の材料として各小学校が買って下さいました。
これも、子供達には危険な遊戯器具と見られて禁止され、
今では、農作物の支え棒として近所の農家へ届けられています。

細かい竹の粉は肥料として利用されております。

たるや 竹十

  • たるや 竹十



  • 写真及び記事の無断転載はご遠慮下さい
  • About 樽を作る

    ブログ「酒樽屋日誌」のカテゴリ「樽を作る」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

    前のカテゴリは樽と文学です。

    次のカテゴリは樽太鼓です。

    他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

    Powered by
    Movable Type 3.35