メイン

四季 アーカイブ

2006年03月26日

樽屋 突然の桜の開花に驚く

東京は、二日前の寒雨とうって変わり、桜満開!
丁度日曜日ですから、都庁前の新宿公園では早々とブルーシートで席取りの準備をする人たちがゾロゾロ。
杉樽を持って行ってくれるかな?
このブルーシートというもの、桜にとって甚だ迷惑な存在なのです。

2006年04月03日

樽屋の雛祭り

樽屋も、雛祭りをします。
これは享保雛という江戸後期文化爛熟期の「おひなさま」です。

雛道具はみんな小さくて、かわいいので、マニアの間でも人気なのです。
生活用具が殆どあるわけですから、杉樽、漬物樽、味噌樽、盥、手桶・・・・・・
明治頃までの道具類は、なんでもあります。
樽太鼓は、ありません。

 

2008年01月15日

酒樽屋(さかだるや)の御年賀

%E3%81%9F%E3%82%8B%E3%82%84-%E5%B9%B4%E8%B3%80.JPG


遅ればせながら、酒樽屋(さかだるや)から新年の御挨拶を申し上げます。
本年も酒樽(さかだる)は勿論のこと、味噌樽(みそたる)、
漬物樽(つけものたる)、樽太鼓(たるたいこ)をはじめ、
店舗用のディスプレイ樽(たる)等を作り続けてまいります。
旧年同様、どうぞ御贔屓にお願い致します。

写真の下の方に見える緑は小店が使用している、
奈良県川上村産の「吉野杉」の枝です。
正月飾り用に伐採してまいりました。


2008年10月01日

酒樽屋(さかだるや)の秋

DSC07192.JPG

十月一日です。
秋です。
さすがに朝晩は肌寒くなってまいりました。
皆さま、風邪など召されませんように御自愛下さい。
この日は日本酒の日だそうです。
いつから決まったのか存じませんが、酒のことは「さけ」或は「清酒」と呼ぶべきで、
「日本酒」という謂いは、ちょっと変ではないでしょうか。
それなら、ビールのことを「ドイツ酒」、ウイスキーのことを「イギリス酒」、ワインやシャンパンのことを「フランス酒」バーボンのことを「アメリカ酒」などと呼ばねばならなくなります。
「酒」は日本古来の立派な飲み物ですから卑下する事なく、堂々と「さけ」と呼びたいものです。
因に英語でもJAPANESEは付かず、[SAKE]と表記します。


2009年01月06日

酒樽(さかだる)屋から新年の挨拶

DSC07289_2.JPG


 賀 正
客年は御引立てを忝うし奉謝候
尚本年も倍旧の御愛顧奉願上候


年末年始は漬物(つけもの)や味噌(みそ)をつくる時期であることに加え、
灘五郷をはじめ、全国の蔵元からの酒樽(さかだる)の注文に追われて、
酒樽屋日誌の更新があまり出来ない状況が続きました。    

たるや竹十」は、手づくりならではの酒樽(さかだる)、漬物樽、味噌樽、樽太鼓、店舗用樽に
今年も更に力を入れていく所存です。

画像は江戸時代から昭和初期まで流通していた「引札(ひきふだ)」です。
もっぱら木版画や石版画で、本来この版画の横に商店名が入り、年末年始に得意様に配ったものです。
新年の暦などが挿入された引札暦という豪華版もありました。
現在の新聞折込チラシのようなものでしょう。
モチーフとして酒樽(さかだる)も恵比寿さんや大黒さんと共によく使われています。
ことほどさように酒樽(さかだる)が当時の日本人にとって日常的なものであった証拠でありました。

2009年06月30日

酒樽屋の「一年のへそ」

DSC09703.JPG

酒樽屋の一年も丁度半分を過ぎました。
梅雨の真中、あじさいが色鮮やかです。

樽屋の工房の中はひんやりしているので、樽(たる)作りには最適です。
昔の人が、そんな風に設計したのでしょうし、工房の中は「木」だらけですから。
漬物樽、樽太鼓、店舗展示用樽を作る合間に酒樽をつくりました。

今年の夏は暑そうですね。

2009年10月01日

「日本酒」の日改め「酒の日」

DSC00296.JPG

心無しか涼しくなってまいりました。
今日10月1日は「日本酒の日」だそうです。
全国各地でイベントがあり、多くの酒樽が鏡開されます。

日本の酒なのですから、「日本酒」等と媚びた呼び名にせず、
堂々と「酒」あるいは「清酒」と名乗ってもらいたいものです。
ビールをドイツ酒、シャンパンをフランス酒、テキーラをメキシコ酒と呼んでいるようなもので、少々恥ずかしい思いがします。
外国でも「サケ」で通用する訳ですから、早急に「日本酒」という奇妙な表現はやめましょう。

 酒という漢字を分解すると、水(癸)と酉で、ミヅのトリとは癸酉の意です。
 
 
「酉」は本来「酒を醸造する器(つぼ又はかめ)」を意味していますが、大きい意味では「樽(タル)」です。
「樽」のつくりである「尊」も「かめ」から来ているのですが、この話は別の機会に。
「酒」のさんずいは当然、酒造に不可欠の「水」ですけれど、「御津(水・蜜・密)の多留・
暦の10番目に位置することと、新米の収穫期であることから、この日が選ばれたそうです。
足る」でもあります。
「酒」に似た漢字に「配(くばる)」がありますが、
これを分解すると、酉(とり)と己(おのれ・ツチのトリ)になります。

 配(ハイ)とは己酉。
酉は酒壷を意味していますし、己は、そのカメに人が膝まずく姿の象形文字でもあります。
常に暦と連動して醸造を続けて来た名残でしょう。

どことなく、こじつけ気味の説明ですが、
白川静氏が亡くなられたので、詳しい事が判りません。
ちょうど新酒の季節ですし、日本のボジョレ・ヌーボーのような物だと思っておけば良いのでしょう。
この頃から清酒業界は一気に忙しくなるのです。

10月1日はウラジミール・ホロビッツや服部良一の誕生日でもあり、音楽的にも何か関わりがあるのかも。
確かに醗酵中の酒に心地よい音楽を聴かせると味が良くなると言われています。
近くの蔵元では醸造蔵の中でドリカムのCDを聴きながら仕事をしています。
出来上がった酒は、やはり若い味でした。因果関係を調べた訳ではありませんが。

2009年12月31日

酒樽屋の大晦日(おおつごもり)

DSC00236.JPG

とうとう、今年も数時間を残すばかりとなりました。
最後の漬物樽を出荷し、新年の初荷となる二斗酒樽の準備をし、掃除を済ませて、
本年の仕事を無事終えました。

今年一年、沢山の樽。主力の酒樽をはじめ、漬物樽、味噌樽、八木節用の樽太鼓、椅子、店舗展示用樽など各種の木製樽を御注文下さり、ありがとうございました。
何度か蓋の枚数を間違ったり、ミスもありましたが、多くの御客様に喜んで頂けたようで、
樽を作る仕事をしていて本当に良かったなと改めて思い至りました。
来年もまた、御贔屓によろしく御願い申し上げます。

 たるや竹十 主人敬白

 
    

2010年01月01日

酒樽屋 新年の挨拶

DSC00261.JPG

謹んで新春の慶びを申し上げます。
本年も宜しくお願い致します。

稀に見る厳冬の新年となりましたが、皆様いかが御過ごしでしょうか。

日本全国はもちろん、世界各地で「たるや竹十」が年末に納めたの酒樽を使い、
鏡開きが成されている筈です。美味しい樽酒を楽しんでおられる事でしょう。

今年も昨年以上に酒樽をはじめ、
漬物樽、味噌樽、樽太鼓、展示樽の製作と販売に力を入れてまいる所存です。
どうぞ、相変わりませぬ御贔屓をお願い申し上げます。

2010年01月02日

酒樽(さかだる)と箸(はし)

DSC00268.JPG

日本をはじめ、東アジアの食文化にとって不可欠な道具のひとつである箸(はし)は、
中国で随の時代から使われはじめ,聖徳太子によって日本に到来したそうです。
竹冠で書くところから最初は竹で作っていたらしいのですけれど、
日本の食事には竹よりも木の箸(はし)が相応しいと思います。


殆どの箸(はし)は杉をはじめとして各種の木で出来ています。
箸に使う杉の材料は、ほんの少し前まで酒樽の材料を作った端材を用いて、
奈良県吉野郡の地場産業のひとつとして樽丸と共に栄えて来ました。
最近では、1500年前とは別の形で中国から大量の白樺の箸(はし)が輸入されて、
吉野地方の産業としては成り立ちにくくなってまいりました。

正月の祝箸には両端の尖った柳の物を用います。

市原平兵衛商店

住所:京都市下京区堺町通四条下ル
電話:075-341-3831
営業時間:AM10:00〜PM6:30(平日) AM11:00〜PM6:00(日・祝)

2010年06月23日

「つゆのあとさき」に於ける樽(たる)と雨

garoima-img434x447-1274421727rguh324181.jpg

六月も半ばを過ぎました。
日本特有の、この時期は樽(たる)にとって、最も困った季節なのです。

竹や蓋(ふた)に黴が発生し易い、雨期という季節は酒樽屋にとって大敵です。
かつて、黴雨と書いて「ばいう」と読んだ程です。
地方によっては普段の倍以上の雨量なので「倍雨」とも呼びました。

今年は、春に長雨が続いたので、空梅雨とばかり予想していたら、
やはり毎年通り、梅雨前線は活発なようです。

ただし、樽にとって不可欠である杉や竹などの植物の生長にとって雨はなくてはならないもの。
また、味噌や漬物の醗酵が最も盛んに進む時期でもあります。
日本有数の雨量を誇る奈良県吉野郡川上村の山林でも、ここ数日の長雨は「恵みの雨」でありました。

さるにても、欧米の大粒の雨と違って日本の雨には幾本もの糸が引く様な降り方に独特の風情があり、
まさに、驟雨と呼ぶに相応しい景色です。

「久雨尚歇まず輕寒腹痛を催す。夜に入って風あり燈を吹くも夢成らず。
そゞろに憶ふ。雨のふる夜はたゞしんしんと心さびしき寝屋の内、これ江戸の俗謡なり。
........」永井荷風『 雨瀟瀟』大正十年

2010年08月15日

樽屋(たるや)の盆暮

DSC01570.JPG

酒樽屋も盆休みを頂きました。

いつもは樽づくりの木槌の音が響いていますが、
誰もいない作業場は木樽の材料となる吉野杉が積まれているだけで、
真夏なのに、ひんやりしています。

静寂も今宵限り。明日はもう五山の送り火です。

2010年09月22日

酒樽の鏡と十五夜

DSC00078.JPG

今夜は旧暦で八月五日、望月、芋名月、あるいは単に名月とも。


縁側に文机を出し,月見団子や里芋、また穫れたての野菜などを供えます。
残念ながら、今年は秋雨前線の影響で満月は見えず。
十五年前の阪神淡路大震災の夕べは真っ赤な満月でした。

満月を見ると、いつも Tom Waitsトム・ウエイツの Grapefruit Moonと、
ソウルフラワー ユニオンの「満月の夕」そして酒樽の蓋(ふた)を想起します。
蓋(ふた)のことを「鏡(かがみ)」とは呼びますが、「満月」云々とは謂いません。
隅に付いている木栓は「天星」と呼ぶのですけれど..............

月々に月見る月は多けれど 月見る月はこの月の月 よみ人知らず

2010年10月01日

酒樽屋の秋

DSC01331.JPG越後、上原酒造の軒先

今日は酒の日だそうで、各地で催しがあります。
「酒」という漢字の「酉」が十二支の十番目だからという無理なこじつけのようですけれど、

全く意味がない訳ではなく、「酉」という漢字は壷の形を現す象形文字。
壷はもちろん酒壷を意味します。
この時期には新米が収穫され、十月は新酒が醸される月でもあります。
明治期に制定された酒造法では10月から翌年九月までを酒造年度と定めました。
そんな訳で十月一日を「酒造元旦」と呼ぶ風習が一部の酒造家達の間には残っているようです。

「樽屋」の動きも変わります。
十月は各地で秋祭りがあったり、結婚式が増えたりして、酒樽の注文が集中します。

年始から、味噌樽(みそたる)、樽太鼓(たるたいこ)と御注文が続いておりましたが、
先日までの記録的な猛暑が嘘だったように、急に過ごしやすい気候になったからでしょうか、
漬物樽(つけものたる)また気温が下がったので、もう一度「味噌樽」。そして、本流の酒樽(さかだる)の製造に樽屋(たるや)の仕事も移行して行きます。
お陰で一年を通じて「樽」を作り続ける事が出来る訳ですが、
数年前までは、11月〜12月に酒樽の注文が集中して、夏期は主に蓋(ふた)の製作に明け暮れておりました。

2010年12月19日

酒樽屋(さかだるや)も年末には新しい手帖を買う

DSC08567.JPG

酒樽屋(さかだるや)のおやかたの手帖は、ここ2年間はフランス発、イタリア物の、
MOLESKINEでしたが、
縁あって、来年の手帖はカナダのpaperblanksのものに代えました。
かつては、いつもQUOVADISでした。

DSC08673.JPG

樽屋の親方は何でもメモしてしまう癖があるので、大きい手帖が欲しいのですけれど、
常にポケットに入れるため、小さめで糸綴じでないと使い物になりません。


2011年01月01日

酒樽屋(さかだるや)新年の挨拶

DSC00291.JPG

謹んで新春の慶びを申し上げます。
本年も宜しくお願い致します。

  霞む日も寝正月かよ山の家  一茶

2011年01月02日

酒樽屋(さかだるや)年に一度の休暇

DSC08710.JPG

酒樽屋(さかだるや)も人並みに正月を迎えます。
昨年は忙しくて年末の大掃除も出来ず仕舞いだったので、
三ヶ日を終えたら、先ず片付けから仕事を始める予定です。

新年発送の樽(たる)の予約も各種頂いているので、仕事場の黒板はメモだらけです。
お正月に鏡開きを予定され樽酒用の木製樽を御注文下さった、沢山の御客さま方は無事に鏡開きが出来たのか心配です。
お一人だけ、造酒屋を通じ依頼を受けて発送した東京の方からだけ深夜に問合せの電話がありました。
これは、造酒屋の説明不足でした。
どのような場合でも不明な点は、ご遠慮なく御電話下さい。

2011年02月04日

木製樽(たる)屋の「立春吉日」

節分が終わって翌日は、二十四節気の最初の節『立春』であります。
中国では旧正月、神戸の南京町は祭三昧。


DSC08960.JPG

賑やかなのは南京町とその周辺だけで、酒樽屋(さかだるや)付近はいつもの様に、
酒樽(さかだる)、味噌樽(みそだる)、漬物樽(つけものだる)を作る毎日です。
木製樽(たる)の発祥の地は中国なのですが、日本に渡来して数百年、

第二次世界大戦の頃、樽屋竹十の台湾支店があった事と、
昭和の終わり頃に彼等の弟子達を何人も樽職人として招聘して以来、
現在では中国とは余り関係がありません。

2011年08月13日

酒樽屋の盆休み

DSC00994.JPG

震災以降、東北の桶屋さんが休業あるいは廃業せざるを得なくなったので、
従来の御客様以外に北日本からの木製樽の注文も受け入れる状況が続き、一ヶ月以上も
blogの更新が出来ませんでした。
樽が完成しても輸送が不可能で、地震から約100日後の今頃ようやく輸送状態も元に戻って来ました。
出来上がった杉樽をトラックが動くまで大量に保管しておく事にも苦慮致しました。

西瓜の美味しい夏であります。昔のように切らずに丸ごと売っている店も少なくなりましたし、家族も少なくなり、井戸のある家も珍しく、冷蔵庫に入れるにも限度がありますが、
西瓜はやはり、切売りより真ん丸の方が風情があります。

酒樽屋も今日から短い盆休みです。

金色の 仏壇のある 海の家     小澤 實

2011年09月09日

酒樽屋の秋

IMG.jpg

重陽であります。
久しぶりに外に出ますと、街のショウウインドウは当然ながら秋一色。

姫路市立美術館
では縁の画家、酒井抱一鈴木基一の展覧会「酒井抱一と江戸琳派の全貌」が始まりました。
パンフレットに掲載の「夏秋草図屏風」(重要文化財)は東京国立博物館から借りてくるので、
9月21日からの第三期の展示のみ。
江戸後期特有の涼しげな粋が楽しめそうです。

殊の外、琳派好きだった山本芳樹さんが生きていたら、さぞ喜んだろうと偲ばれます。

2011年09月12日

酒樽と中秋の名月

今年も中秋名月です。
満月を見ると、いつも四斗樽(たる)の蓋(ふた)を想い起こします。

DSC01333.JPG

 

a98-rickyleejones1.jpg 珍しくリッキー リー ジョーンズ

丁度、一千一秒物語の元となる原稿が発見されたそうです。
原稿を収めたDVDは八木書店から刊行予定。45万円もするそうですが...................................

この原稿は10月1日~11月26日まで日本近代文学館で展示される由。


2011年10月01日

十月の樽酒(たるざけ)

DSC01166.JPG

十月一日です。
昨年の猛暑とうって変わり、街はすっかり秋の景色になりました。
酒樽(さかだる)を作っていても汗ばむ事も少なくなくなり、幾分か仕事が捗ります。

10月1日は「日本酒の日」だそうです。
酒を容れた壺「酉」が十二支の十番目に因んで無理矢理こじつけたものですが、
各地で催しがあります。
実際に今頃から酒造りに入る時期なのです。
樽酒(たるざけ)が美味しくなる時期でもあります。
同じ理由で、この日は「醤油の日」でもあり、また「コーヒーの日」、「お茶の日」、
あるいは「眼鏡の日」「ネクタイの日」と
気候が良い時なので記念日が多い日でもあります。


2011年10月05日

酒樽屋、大鋸屑を燃やす

DSC01907.JPG

樽酒用の酒樽を作ると沢山の大鋸屑(おがくず)が出ます。
前にも書きましたが、大きな鋸(のこぎり)を使った屑なので、
大鋸屑(おがくず)と記す訳です。
樽屋の場合は「銑屑(せんくず)」であり、「バンバ」と呼んでいます。
昔は工場の片隅に背の高い煙突の付いた大きな焼却炉があり、
そこに何でもほり込む事も「うろうろ」という下働きの仕事でした。

消防法で焼却炉の撤去を余儀なくされ、今はストーブを設置して、
そこで湯を沸かしたり、暖をとったり出来ます。
夏は勿論、無理です。
ようやくストーブの季節になりました。
酒樽作りも一段と忙しくなります。

2011年12月24日

酒樽屋のクリスマスイヴ

%E3%83%9F%E3%83%8B.jpg

この時期が酒樽屋にとって一年で最も忙しい時です。
何年もクリスマスらしき催しをした記憶がありません。
明日は個人的に特別な夜なので、明日の分も仕事をしなければならなく、
なおさら忙しい訳です。
さるにても、コンヴァーチブルとはいえ4人乗りのミニは少々変では。

2012年01月01日

酒樽屋から新年の御挨拶

DSC00172_2.JPG

新年の御挨拶を申し上げます。

今年も良質な吉野杉をもとめて、川上村を走りまわり、
接着剤を一切使用しない安全な樽をひとつずつ丁寧に作って行く所存です。

2012年01月03日

酒樽屋の三ヶ日

%E6%9D%BE%E3%81%AE%E5%86%85.jpg

酒樽屋の正月三ヶ日も皆様同様、ただただ暮れの疲れを癒す日々です。
七日から営業の予定ですが、
すぐに連休が続きますから実際は十日からの仕事始めとなります。

              子を持たぬ身のつれづれや松の内 荷風

2012年02月03日

酒樽屋の雛祭り

%E9%9B%9B%E7%A5%AD%E3%82%8A.jpg

節分であります。季節が変わる筈なのに益々寒くなって行きますね。
灘五郷の東部「白鹿記念酒造博物館」では「節句の人形展」が催されます。
西部の「神戸酒心館」でも先頃寄贈受けた、同じ五世丸平の雛人形を展示します。

酒樽屋の床の間でもささやかながら、雛飾りが施されます。
弊店の人形は先の地震のため揃っていないものの、三世による安政年間のものです。

2012年02月11日

酒樽(さかだる)も凍る寒さ

%E6%A8%BD%E5%87%8D%E3%82%8B.jpg

余りの寒さに、酒樽の中の水も凍っております。

酒樽を拵える段階で幾度か「水」を用います。
最後の仕上げ、「洩れ検査」にも酒樽の中に微量の「水」を容れます。
各種の刃物を研ぐ事も出来なくなります。
こんなに温度が下がると「水」が「氷」になってしまい作業は出来ません。

今日は「建国記念日」だそうですが、酒樽屋は樽(たる)を作る予定でしたけれど、
やはり諦めて、書類整理に急遽変更しました。

昔の職人達は、こういう温度になると、さっさと道具を片付けて家に帰ってしまいました。

2012年08月15日

樽屋の夏休み

DSC_0761.JPG

いつも御贔屓に有り難うございます。
私ども樽屋は8月15日から8月31日まで夏期休暇を頂きます。
今年は思うように樽を作る事が出来ず、皆様に御迷惑を御かけして、
申し訳ありませんでした。
9月から気持ちを入れ替えて精進致しますので、宜しくお願い致します。

 休暇中は電話、FAXなどの対応が一切出来ません。
 メールを入れて頂ければ,後日返信致します。

2012年12月25日

酒樽屋に於けるてんてこ舞いと、てんやわんやの大わらわ

DSC_1349.JPG
毎年の事なのですが、暮れも迫って参りますと各蔵は酒樽の出荷に大わらわであります。
当然、酒樽屋もこれらの酒樽を沢山作らなければならず、
皆様の御注文を全て御請出来ず、多数の御迷惑をおかけしました。
申し訳ございません。
次回からはもう少し手順よく樽作りを進めるべく精進してまいりますので、
どうぞ御容赦のほど、お願い申し上げます。

2013年01月01日

酒樽屋の新年の挨拶

DSC_0184.JPG

恭賀新春

昨年は大つごもりまで、仕事に追われました。
ひたすら弊店の手順が悪いからなのですが、
心機一転のため、新年は通常は7日から営業のところを勝手ながら、
2日の休養を頂いて、一月九日朝からの営業とさせて頂きます。

2013年02月02日

各地の酒蔵で蔵開きが開催

%E8%8F%8A%E6%AD%A3%E5%AE%97.jpg 菊正宗 新酒を楽しむ会


%E6%B2%A2%E3%81%AE%E9%B6%B4.jpg 沢の鶴 蔵開き

立春が過ぎたとはいへ、まだまだ寒い時期が続きますが
全国の酒蔵では「寒造り」の終盤を迎え、新酒の御披露目となります。
そこで蔵を開放して「しぼりたての新酒」を振る舞おうという趣旨です。

菊正宗では酒樽作り実演を開催するので、当酒樽屋も協力する予定です。


2013年10月08日

酒樽屋(さかだるや)の寒露

1371276610363.jpg

暦の上でも、例年でも、すっかり秋の筈なのに、まだまだ暑い日が続きます。
酒樽屋(さかだるや)では吉野杉による蓋(ふた)の乾燥作業です。
いったい何時になったら「秋」が来るんでしょうね。
樽材の乾燥は、かつて神戸の浜で行っていたのですが、
広い場所が必要なのに神戸に「浜」が殆ど無くなったので
昭和40年位から現地吉野で作業するようになりました。
最近では「おおばい」とい重ね方をせず、井の字型に積み上げます。

奥から二番目が底用、手前の黒い板は樽酒用の木香樽の底に使います。

2013年11月07日

酒樽屋の秋

1352930132278.jpg

今年も、はや立冬です。長い夏と台風が過ぎて、ようやく秋らしくなりました。
偶然ですがプロ野球が終わりますと酒樽屋は忙しくなります。
唯一、灘五郷付近を本拠地にする某球団が優勝した時は徹夜が続く程、
酒樽(たる)の注文が殺到します。
幸か不幸か今年はその心配がありません。
通常の酒樽製造に専念出来ます。

以前にも記しましたが、灘五郷は南を海に面する一帯でした。
ここから樽廻船が酒樽(たる)を積んで江戸へ向かい、吉野からは大量の杉原木が届いた湊です。

山を削り、海を埋め立てる政策の市なので海が無くなってしまいましたが、
たるや竹十の浜には少しだけ海が残っており、船が行き来したり、
釣り人が誤って海に落ちたりもします。


2013年11月15日

和樽屋(たるや)が来年使う樽用手帳

DSC_0778.jpg

和樽屋(たるや)用に使う来年の手帳は別の物に変えようと思っていたけれど、気に入った手帳がなく、今年と同じLEUCHTTURM1917(ロイヒトトゥルム)の手帳に決定。
予約していた物がようやく入荷。発音が難しいからか余り普及していない、
ドイツでは切手やコインのファイルで有名な会社らしい。
イタリアのCIAKMOLESKINEのようなオシャレ度は低くく
あくまで独逸的に地味で質実剛健、品質本意。
和樽(たる)の注文メモや製作予定、樽(たる)の約束期日などを書いておくには重宝しました。

実際今年一年間ズボンの後ポケットに入れて
酷使したにも関わらず製本も崩れず、表紙もさほど傷まず。
早速、日本の祝日を赤ペンで○印しておこう。

本当は「冬至」などの二十四節気の季節の節目もない上、赤い文字の「祝日」の記載がないのは非常に不便なのですけれど、財布同様一年間身につける数少ない物体ですからデザインを優先してしまいます。

黒色のみの表紙表紙なので自身でカラフルにカスタマイズしないと行方不明になりがち。
携帯電話と違って失くした時に電話を鳴らせば反応しません。そんな機能を開発してくれないかな。
キーホルダーと財布もしかり。外出直前に見つからないとパニックになります。

2015年01月03日

酒樽屋の謹賀新年

DSC_0538.jpg

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

昨年は殊に年末、酒樽と味噌樽,漬物樽の御注文が殺到し、
ありがたい悲鳴でした。
折角の御注文なのに、発送の延期をお願いした皆様、お断りしたお客様、申し訳ありませんでした。
製作数に限度があるため、御要望にそえない方が多数出てしまい、
御迷惑をおかけ致しましたこと、ここに御詫び申し上げます。
新年は順調にいくように努力する所存です。

2015年03月03日

酒樽屋の雛祭り

DSC_0902.jpg

今年は三月になっても酒樽が忙しく、たるや竹十の雛人形を飾る事が出来なかったので、
市内某所の蔵元に展示されている雛人形の写真を拝借しました。
雛祭りと樽太鼓や漬物樽、味噌樽とは余り関係がありません。
酒粕から作る事が多い甘酒と少し関係がある程度です。

たるや 竹十

  • たるや 竹十



  • 写真及び記事の無断転載はご遠慮下さい
  • About 四季

    ブログ「酒樽屋日誌」のカテゴリ「四季」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

    前のカテゴリは味噌樽です。

    次のカテゴリは展覧会です。

    他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

    Powered by
    Movable Type 3.35