« 樽太鼓の夜間出荷 | メイン | 酒樽屋の「さし止め」 »

樽太鼓を映画撮影用に発送する

DSC_0246.jpg

時代劇の小道具として欠かせないのが、古色を帯びた杉樽です。
江戸時代だけではなく戦前を想定した映画には必ずと言っていい程、酒樽(たる)が登場します。
今回は京都太秦の撮影所近くにある、映画美術の会社からの依頼で大量の樽太鼓(たるたいこ)を出荷しました。
ことほどさように当時は樽(たる)が生活に密着していたのです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taruya.com/mt/mt-tb.cgi/939

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

たるや 竹十

  • たるや 竹十



  • 写真及び記事の無断転載はご遠慮下さい
  • About

    2015年02月06日 23:53に投稿されたエントリーのページです。

    ひとつ前の投稿は「樽太鼓の夜間出荷」です。

    次の投稿は「酒樽屋の「さし止め」」です。

    他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

    Powered by
    Movable Type 3.35