« 酒樽屋のお八つ 其の參拾捌 | メイン | 酒だる屋のホームページがリニューアル »

平銑を正直台に挟んで酒だるの材料を削る

%E6%AD%A3%E7%9B%B4%EF%BC%91%EF%BC%90.jpg

今朝は早朝からFIFAワールドカップ日本対コロンビアなので、皆さん早起きでしょうね。

先日紹介した、正直台の原型です。銑を台に挟み込み使用します。
非常に危険な作業で、大概の職人が指を怪我してきました。
刃物が大きく外へ露出しているので当然です。
最近は「竹十」のように台かんなを組み込んだタイプを使う事が多くなりましたが、
この方が良く削る事が出来るという理由から,
今でも写真の正直台を使っている樽屋もあります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taruya.com/mt/mt-tb.cgi/916

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

たるや 竹十

  • たるや 竹十



  • 写真及び記事の無断転載はご遠慮下さい
  • About

    2014年06月25日 05:00に投稿されたエントリーのページです。

    ひとつ前の投稿は「酒樽屋のお八つ 其の參拾捌」です。

    次の投稿は「酒だる屋のホームページがリニューアル」です。

    他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

    Powered by
    Movable Type 3.35