« 酒だる屋に竹を運ぶ | メイン | 雑誌『和楽』に酒だる屋が »

たるや竹十 京都店

%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BA%97.jpg

たるや竹十「京都店」いよいよ開店
木造家屋に木製品はよほど居心地がよいのでしょう、
中島棕隠の二行書の前で毛氈を敷いてもらい、なかなか快適そうです。
殆ど通知していなかったので、知人が遊びにやって来てくれただけで
樽(たる)が売れることもなく、開店の練習蒹京都店御披露目みたいなものでした。
買って下さった樽(たる)を御持ち帰りして頂く梱包資材も忘れていて、
盛況だったら大混乱になるところでした。

来月は本格的に準備して、しっかり楽しんで頂きたいと思っております。
7月11日(金)〜12日(土)午後1時から6時まで。
やはり、漬物樽(つけものだる)などを中心に展示する予定です。

丁度、京都市美術館で「バルテュス展」も開催中です。
おついでに立ち寄れ下されば幸甚です。
雨が降らなければ良いのですがと心配しております。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taruya.com/mt/mt-tb.cgi/907

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

たるや 竹十

  • たるや 竹十



  • 写真及び記事の無断転載はご遠慮下さい
  • About

    2014年06月15日 21:54に投稿されたエントリーのページです。

    ひとつ前の投稿は「酒だる屋に竹を運ぶ」です。

    次の投稿は「雑誌『和楽』に酒だる屋が」です。

    他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

    Powered by
    Movable Type 3.35