« たるや竹十 京都店いよいよ開店 | メイン | たるや竹十 京都店 »

酒だる屋に竹を運ぶ

DSC_4429.jpg
竹やぶに生えている丸竹は日本中に自生し過ぎて困っている状態なのですが、
酒だるに使う竹は同じ竹でも、決まった長さと幅に割った後、肉を削ぎ、面を取って、
𥶡(タガ)の元となる輪竹材が出来るのです。
今は、たるや竹十の近くの竹屋さんで竹は作ってもらっています。

樽(たる)に使う竹は冬に切ったものでなければならず、
竹屋さんは冬の間に一年分を確保しておきます。
保管場所も広い敷地を要します。

酒だる製造工程の中で「竹」の部分が一番大変かも知れません。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taruya.com/mt/mt-tb.cgi/906

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

たるや 竹十

  • たるや 竹十



  • 写真及び記事の無断転載はご遠慮下さい
  • About

    2014年06月14日 09:53に投稿されたエントリーのページです。

    ひとつ前の投稿は「たるや竹十 京都店いよいよ開店」です。

    次の投稿は「たるや竹十 京都店」です。

    他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

    Powered by
    Movable Type 3.35