« 木製樽に最も適さぬ材料 | メイン | 近所の平五郎稲荷と昔「竹十』の中にあった お稲荷さん »

樽丸作りの実際 川上村にて

DSC07956.JPG

それでは,木製樽の材料である「樽丸」は実際には、どのようにして作るかというと、
見ているだけなら、しごく単純なれど、まことに熟練を要する仕事です。
写真は川上村のふたりの山本さん(親戚ではない由)
左の山本さんが丸太をミカン割りします。
右に座る別の山本さんが銑(セン)という刃物で仕上げます。

未だ、切り立ての吉野杉ですから、水分がたっぷり残っております。
木目が素直に真っすぐ通った、即ち、よく手入れされた杉を使えば、作業は楽です。
そのかわり、原木の材料代は当然高くなります。
安くて悪い(手入れされていない)吉野杉を使うと、材の買い入れは安くて済みますが、
後の作業に骨が折れますし、何より良質の樽丸が出来ません。
樽屋としても作業にひと苦労、しかも良い木製樽が出来ないのです。

DSC07995.JPG

こちらは出来上がった榑(くれ)を井の字型に組んで乾燥させている所です。
昔、灘にも浜があった頃は、この作業を海辺の砂浜で夏頃やっておりました。
乾燥させる榑の量も半端ではではなく、井の字型ではなく、「おおばい」といって、人間の背の数倍高く積み上げたものです。
夏休みに,「かくれんぼ」をするには格好の場で、その中に入って「おおばい」を崩し、
こっぴどく叱られたものです。

やはり、樽丸つくりは山の中でする方が気持ちよく作業出来ますし、良質のものが仕上がるようです。風土の違いから乾燥の具合が違うからでしょう。
山の中でも稀に台風で乾燥中の樽丸が流されたりしますが、灘の浜では台風で全てをさらわれた事が何度もありました。

DSC01776.JPG昔の「おおばい」と「樽丸」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taruya.com/mt/mt-tb.cgi/408

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

たるや 竹十

  • たるや 竹十



  • 写真及び記事の無断転載はご遠慮下さい
  • About

    2009年02月06日 00:00に投稿されたエントリーのページです。

    ひとつ前の投稿は「木製樽に最も適さぬ材料」です。

    次の投稿は「近所の平五郎稲荷と昔「竹十』の中にあった お稲荷さん」です。

    他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

    Powered by
    Movable Type 3.35