« 吉野杉で作った木製樽(たる) | メイン | 漬物には木製樽が一番 »

店内に並べる木製樽(たる)

DSC06740.JPG

「売場樽」とも呼ぶ木製樽です
商品を木製樽の中に並べるために底を上の方に組み上げています。
酒樽(さかだる)の場合は「上げ底樽」とも呼びます。

商品が木製樽のなかに並んでいると吉野杉が持つ特性でしょうか、自然と雰囲気が良くなりますので、木製樽を展示用に使う店舗が増えています。

右の展示用木製樽は上から12センチ位
左の展示用木製樽は上から25センチ位の所に中底を組込んでいます。

DSC06742.JPG

売場用の木製樽の裏側。
液体を入れませんから、この種の木製樽には吉野杉の中でも比較的安価な材を選びます。
底も節だらけです。
時には下の底を除く場合もあります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taruya.com/mt/mt-tb.cgi/359

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

たるや 竹十

  • たるや 竹十



  • 写真及び記事の無断転載はご遠慮下さい
  • About

    2009年01月12日 02:20に投稿されたエントリーのページです。

    ひとつ前の投稿は「吉野杉で作った木製樽(たる)」です。

    次の投稿は「漬物には木製樽が一番」です。

    他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

    Powered by
    Movable Type 3.35