« 2008年09月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月 アーカイブ

2008年10月01日

酒樽屋(さかだるや)の秋

DSC07192.JPG

十月一日です。
秋です。
さすがに朝晩は肌寒くなってまいりました。
皆さま、風邪など召されませんように御自愛下さい。
この日は日本酒の日だそうです。
いつから決まったのか存じませんが、酒のことは「さけ」或は「清酒」と呼ぶべきで、
「日本酒」という謂いは、ちょっと変ではないでしょうか。
それなら、ビールのことを「ドイツ酒」、ウイスキーのことを「イギリス酒」、ワインやシャンパンのことを「フランス酒」バーボンのことを「アメリカ酒」などと呼ばねばならなくなります。
「酒」は日本古来の立派な飲み物ですから卑下する事なく、堂々と「さけ」と呼びたいものです。
因に英語でもJAPANESEは付かず、[SAKE]と表記します。


2008年10月02日

「赤い風船」または「純粋な心臓」

080326_ballonrouge_main.jpg © Copyright Films Montsouris 1956


赤い空の次は赤い風船です。
酒樽屋の女房は、この映画が大変お気に入りで,この夏 早起きして映画館に出掛けて行きました。
樽屋の親方は未だ劇場では観ておりません。
樽(たる)にも「赤い樽」と「白い樽」の二種があるのですが,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


パスカル少年のような純潔な心の持ち主だけが「そら」に上って行くことが出来るのでしょうし、上って行かざるを得ないのでしょう。

LE BALOON ROUGE全編
かつて、「すばらしき風船旅行」と共にVHSがあったのですが、今は廃盤。
フランス版は25€で「白い馬」とカップリングして発売中ですけれど、
今年の12月12日には、日本版もデジタルニューマスターでリリース予定,もう少し我慢しましょう。
こちらは特典ディスク:ドキュメンタリー「僕のお父さんは風船だった」51分 『白い馬』の少年のポートレイト43分、ピクチャーブック、5枚組ポストカードセット、『赤い風船』コマフィルムと豪華おまけ付きですから。
50年代ならではのシィトローエン11CVやマファックのセンタープルブレーキを装着したロードレーサー、後部屋根なしバス等が古き良き時代のパリ風景を彩っています。
風船を持った少年が、そのバスに乗車を拒否されるシーンが大切な何かを象徴しています。

サイドバーの赤い風船をクリックして下さい

2008年10月03日

酒樽屋 おでん屋さんに酒樽を届ける

DSC07320.JPG

DSC07316.JPG

山梨のお客さんから、 店舗開店祝いに神戸三宮まで「樽酒」を届けるよう依頼がありましたので、杉枡と竹杓を添え、更に送り主15名の名前を墨書きした和紙を酒樽に貼って、近所ですから酒樽屋自ら、お店に配達しました。

サプライズでという依頼主の意向は大成功でした。


遊心
神戸市中央区中山手通1-15-2 富士ビル2階
090-8125-2424
17:30~24:00

2008年10月04日

酒樽を出荷する 酒だるは案外重いのです

DSC07303.JPG

秋になると酒樽の出荷が頻繁になります。
残念ながら、地元灘五郷よりも他府県への酒樽の出荷が最近は多くなりました。
地方の地酒の人気からでしょうか。

写真は手前が甲付樽(こうつきだる)、向こう側が赤味樽(あかみだる)。
数量が多くなると荷作りにも時間がかかり大変です。
菰巻の時と変わらない位くたびれます。
なにしろ四斗の酒樽ですから。
酒樽の梱包は案外大変で、手は痛くなるし、腰は痛くなるしで容易ではありません。
でも、運賃の値上げに頭を痛めております。

2008年10月05日

丸い物は酒樽の蓋(ふた)だけではない

日がな一日、手足のかわくひまもなく、丸いものを触って暮らしております。
酒樽の蓋(ふた)、漬物樽の底や押し蓋、味噌樽の上蓋(ふた)、樽太鼓の蓋(ふた)、原木の杉の断面や加工された樽丸(たるまる)、原竹の切り口から天星や駄細(だぼ)と呼ばれる木栓類に到るまで木樽をつくる作業にとって丸くするという行為は避けて通ることは出来ないのです。
出来上がった木樽は上から見ても下から見ても丸いものですし、側面も均等に丸みを帯びていなければなりません。
そんな訳からか町に出ても何故か丸いものを見ると気にかかります。

DSC07323.JPG

「ピッツァ」です。
日本でも最近は「ピッツェリア」と称す、「ピッツァ」を食べさせる店が増え、「お好み焼」同様に手軽に食すことが出来るようになりました。

写真のピッツァは「プローヴォラ カプリチョーザ ビアンカ」Provola Capriccioza Bianca
水牛の乳でつくられたモッツァレーラたっぷりの、名の通りトマトソースの入っていない白いピッツァです。

51Tuf3sZx%2BL._SS500_.jpg

トム ウエイツの[GRAPEFRIT MOON]新盤
やっぱり、処女作アサイラムレコード盤の方が場末の雰囲気がたっぷりです。
デヴューから、もう25年経ちました。

DSC07322.JPG

前菜です。
右の一番向こう側に見えているものは Napoli Zeppoliniという祭りの時などに食べる揚げ物です。海苔が入っていて日本人も好みの風味。

店の壁面にはポンテ ベッキオの山根大介さんが molto buono ! と賞讃する落書きがありました。  

                                                                                  PIZZERIA AZZURRI ピッツェリア・アズーリ


神戸市中央区山本通3−7−3ユートピアトーア1F
078-241-6036
12:00-15:00 17:30~22:00
木曜定休

2008年10月06日

大きな樽(タル)の大きな輪

DSC07285.JPG

これは樽(タル)用ではなく、桶(オケ)用です。
三尺桶の組輪です。

大きな方の直径が4尺6寸(約140センチ)、細い方で3尺6寸(約110センチ)もあります。
古い桶から輪替えのために外したので、色が褪せています。
一緒に写っている青くて小さい輪は6尺(約18センチ)輪ですから、醸造用の桶がいかに大きい物か判るでしょう。

更に大きな直径7尺6寸(約230センチ)程のものもありますし、手のひらに乗る程小さい桶には当然もっと径の小さい箍(タガ)が入ります。
そのような小型のものを「源氏もの」と呼びます。
いずれも樽屋ではなく、桶師の仕事です。

桶(オケ)では箍(タガ)の組み方が「組輪(くみわ)」と言う、酒だるには使わない複雑で幾分装飾的なものをしばしば使います。
樽(タル)の箍(タガ)より肉薄の竹を二本や三本を結っていく全く違った巻き方をします。

桶(オケ)の場合は本体自体で独立していて、もし箍(タガ)が外れても分解することはありませんから多少、飾りのような要素もありますけれど、樽(タル)の場合は肉厚の丈夫な箍(タガ)が本体を支えているので、箍(タガ)が外れると樽(タル)はバラバラになってしまいます。

風が吹いたら儲かるのは、実は桶屋ではなく、樽屋の筈なのですが、
ここのところ、風の強い日が続いているのに、樽屋が少しも儲からないのは何故でしょう。

2008年10月07日

売場用の木樽

DSC06740.JPG

京都の某漬物屋さんに売場樽を作りました。
売場樽は普通は液体が漏れても良いものを作るのですが、
今回は特別にもれないタイプの売場樽をたくさん作ったので少々くたびれました。

2008年10月08日

売場樽を木樽で作る

DSC06727.JPG

今度は、液体を入れない売場樽を作りました。
漏れてもいいので楽なようですが、木樽は空調の乾燥に弱いのでタガの加減が微妙です。
木樽で何を作っても楽なことはないのです。

2008年10月09日

漬物の樽(たる)が必要な季節です

DSC07035.JPG

DSC07036.JPG

街に新鮮な野菜が豊富に登場しました。
旬の野菜を漬物にすると、また味が格別です。

漬物の容器は、それぞれ自由なのですが、やはり木樽(たる)の漬物樽の右に出る物はありません。
それは、木樽(きたる)自身が呼吸して、樽(たる)の中で野菜が窒息することがないからです。
ただし、慣れるまでは化学物質で出来容器やカメよりも手入れがかかる気がしますが、
毎日使っていると、同じ事です。

美味しくて、安全な漬物を食べる事が出来る方が大切です。

2008年10月12日

酒樽屋は必ず海辺にある筈

DSC07200.JPG

すっかり秋らしい空になりました。
灘五郷だけかも知れませんが、造り酒屋や酒樽屋は必ず海辺にあります。
川沿いにある地域もあるでしょう。

少なくとも造り酒屋や酒樽(さかだる)屋は水が美しい場所にあります。

海辺にあるのは昔、水運が発達していた頃は材料を船で吉野から運び、
出来上がった酒樽(さかだる)を樽廻船に積んで江戸へ運んでいたからです。

2008年10月13日

大桶の中に棲みたかった人

DSC07152.jpg

大きな樽(正確には桶の範疇になるのですが)を茶室にしたりする人はよくいますが、その中に棲んでみようと思う人は余りおりません。
小説家の佐藤春夫は、この事を具体的に考えていて、九尺桶(高さ約3m)を知り合いの蔵元から入手する手配をしていたと語っております。
探偵小説雑誌「宝石」の昭和32年10月号に当時主幹だった城昌幸(城左門)の計らいで、編集に参加していた江戸川乱歩と鼎談しております。

一般的に大桶をそのような目的に使う場合は縦置きににするのですが、他人と同じ事をするのが嫌いな佐藤春夫は四坪ほどの敷地に桶を横置きにして、中に床を張り窓を開け片方にソファーベッドを、反対側はフリースペースにするというレイアウトを城昌幸と乱歩に語っております。
決して民芸調にならないように注意して洋風に仕立てたかったようで、設置する場所も山里などではなく、都会の真ん中を物色していました。
母屋から毎日、パンと水とチーズを運ばせるという我がままも考えていました。
眠れない夜の為に望遠鏡を備えておき、高台から街を眺めて夜の慰みにするという趣向です。

その庵には、もう「犬儒亭」と命名されていた程、本気だったようです。
名前は勿論、ギリシャの哲学者Diogenesディオゲネスに因んでいます。
ディオゲネスこそ酒樽の中に棲んでいたことで有名ですが、彼の生きた紀元前400〜300年には未だ今のような木製の酒樽は洋樽においても存在していなかった筈で、実際には酒を入れていたカメか大壷の中で暮らしていたはずです。


結局、佐藤春夫は都心に そのような贅沢な土地を入手できず、犬儒亭プロジェクトは頓挫しました。

何より大桶には酒樽(さかだる)と違って嵌め込みの蓋(ふた)がありませんから、佐藤春夫が望んでいた密室を作ろうと思えば、蓋(ふた)を打ち付けるかどうかして加工しなければなりません。

この鼎談は後年、講談社から「江戸川乱歩推理文庫 第64巻 書簡 対談 座談」に再録されましたが、この文庫本も絶版で入手困難。再販が望まれます。

DSC07038.JPG 神戸酒心館にて

2008年10月16日

酒樽屋がつくる味噌樽(みそだる)

DSC05938.JPG

味噌樽だるというものは、「樽(たる)」という名が付いているものの、本来樽(たる)屋ではなく、
桶(おけ)屋の仕事なのです。先日紹介した「大桶」と同じです。

樽屋(たるや)にとって大桶つくりは困難ですが、味噌樽(みそだる)を作る事は出来ます。
しかも、工程がかなり違うので、桶屋さんより廉価につくることができます。

写真は味噌樽(みそだる)の大。18リットルは入り、中蓋(ふた)と上蓋(ふた)が付きます。
時々、目張り用に良質の和紙や竹ささらを添付したりします。

2008年10月17日

酒樽屋の道具 其の漆

DSC07297.JPG

仮輪と言います。
酒樽(さかだる)を作る際、竹の箍(タガ)を入れる前に同じような竹の輪を補強したものを用いて、大きさを決定し、形を整えます。

最近は強度があるので鉄の輪を使う事が多くなりました。
底の径を決める薄い鋼の輪は鉄なのに何故か「しんちゅう」と呼びます。

金属の輪でも数ヶ月に一本は切れてしまいます。
竹は横の力は材木より弱いのですが、引っぱりの強度は鉄を上回るのだそうです。

中国では現在でも建築用の足場に竹を使っている程です。
この場合は竹の持つ「しなやかさ」も重要な要素なのでしょう。

2008年10月18日

毛糸屋が酒樽屋に届けて下さった京漬物

DSC07561.JPG

京都に住む古い友人でニット作家の山田さきこさんが二条の加藤順漬物店の千枚漬、志ば漬、そして筍の漬物をお土産に遊びに来ました。
木製の漬物樽(つけものだる)を使っているかどうかは知りませんが、まことに美味でしたので、きっと杉樽(すぎだる)を使っていると想像されます。

加藤順漬物店案内 曰く、『昔のお漬物は、塩蔵して永く保存し、 月日の経つにつれて自然に塩分の濃度により、 醗酵して味がつきました。その味を大切にしながら、 うす味で種々の野菜に味を加えるようになったのが現在の京漬物です。 「関西に行ったら、京都でのおみやげとお食事はお漬物で」と ご指名される方が大変多くなって参りました。食べておいしい、見て美しい京のお漬物の中で 最もしたしまれていますのが、千枚漬けをはじめ、菜の花漬け、志ば漬、すぐき、日の菜漬等です。 特に製法は、弊店独特のなつかしい京の味を心ゆくまで楽しんでいただけます様吟味しております。 季節ごとに風味と風格を示す、京のお漬物をどうぞ心ゆくまでご賞味下さい。』

ちりめん菜の花漬が有名です。

加藤順漬物店
京都市左京区二条大橋東三筋目北側
電話 075-771-2302

2008年10月19日

樽酒(たるざけ)売り切れる。酒樽屋は忙しい

DSC07054.JPG

いつも「金盃」の酒を「たるや竹十」の酒樽に入れて、置いてもらっている神戸の居酒屋「森井本店」では、この気候なのに樽酒が人気で、ついに「うりきれ」!
もちろん翌日、新しい酒樽を配達しましたから、今日からは安心して たっぷり呑めます。

ここ森井本店では真夏でもよく売れて関係者を驚かせました。
冬はどれ位でるのでしょう?
酒樽が間に合うかな?

2008年10月20日

笑う酒樽(さかだる)

DSC07366.JPG

それこそ江戸川乱歩の新発見小説のタイトルのようですが、
酒樽(さかだる)は怒ることはありませんが、笑うことは稀にあります。

正確には竹の箍(タガ)が笑うのです。
細長い割竹を丸く巻く時にどうしても、自然の形に逆らって巻く訳ですから
決まった位置に竹が入らず、一部飛び出してしまった状態になることもあります。
これを見落として酒樽(さかだる)にしてしまった場合、職人たちの間では「酒樽(さかだる)が笑っている」と言います。

実際に職人の間では恥ずかしいことなので、職人が実際に笑う訳ではありませんが、
作った方の職人は自分の技量を笑われている気分になります。

勿論、「たるや竹十」としては商品にならないわけですから、箍(タガ)の工程は一から作り直し出荷します。

「わらう」には「咲う」という書き方もあり、つぼみが開いたり実が熟して皮が裂けることや、縫い目がほころびる意味になります。
「樽がわらう」という場合は、こちらの意味の方が近いかも知れません。

ほっこんとわろうて栗の落ちにけり(尤草子)

2008年10月21日

大桶における杉と竹の妙

DSC07387.JPG

写真は大桶ですが、酒だるでも同じ状態になります。
経年と共に吉野杉は冬目が立ち、夏目が縮み、美しい木目を見せて来ます。
吉野杉は、このように時間が経っても元の木目が秀でているので趣のある風景を醸し出してくれます。
竹は青竹から白味を帯び、更に年月を重ねると飴色になります。
この大桶は50年ほど前に作ったものですし、屋外に置いてあったので、組輪の竹は色褪せて来ています。
竹の退色は誰にも止める事は出来ません。
塗装したりラッカー仕上げや木工用ボンドを塗ったりする事は後年、酒樽や桶を
むしろ見苦しくしていまいますから、おすすめ出来ません。


2008年10月22日

酒樽屋の蟲養ひ 其之玖

DSC07542.JPG

虫養ひには少々、量が多いかも知れませんが、大阪高麗橋のすし萬の詰め合わせです。
もちろん名物「雀鮨」も入っています。

雀鮨に限ってだと記憶しますが、今でも薪を使い竃(かまど)で米を炊いている所が、
どこか「たるや竹十」と共通する気がします。
頑固という事とは違うのです。そうしないと美味しいものを作る事が出来ないのでしょう。
創業から300年以上、同じ製法を続けておられるようです。
雀鮨は小さな木桶に入って販売されています。

2008年10月23日

酒樽屋の前を神輿が通る

DSC07511.JPG

まことにローカルな町内の話です。
秋祭りの季節です。
「たるや竹十」の前で町内の神輿が御祓の儀を執り行なってくれました。
樽屋の前には、いつも出荷待ちの酒樽や漬物樽がたくさん並んでいるのですが、
この日は日曜日、酒樽類を全て片付けてしまっていたので、慌ててひとつだけ樽太鼓を店内から
出して来ました。
樽太鼓だけではなくて、酒樽も出しておけばよかったと後悔するも
来年から、祭り前のは きちんと店舗前も掃除しておこう。

神輿を担ぐのは知った顔ばかり。
酒樽屋の主人も、この祭りに参加したいのですが全国各地で同時期に秋祭りや秋の音楽会が続き、それに使う酒樽や樽太鼓の製作に夜なべが続く時期ですので練習に出る時間がとれないのです。

2008年10月24日

金比羅山に酒樽を発送する

DSC05770.JPG

四国の金比羅宮の祭に「流し樽」という儀式があります。

宮本昌孝氏の「こんぴら樽」という小説の冒頭で簡略に説明されているので紹介します。

「こんぴら樽(だる)」。
流し樽、流し初穂ともいう。
金比羅参りをしたくとも、自分では参詣出来ない者が[奉納金比羅大権現]の旗を立てた
空き樽に初穂料を入れて、これを海に流すという習わしである。
俗謡にいう。

 沖のかもめか こんぴら樽か
 今もゆらゆら 波の上

こんぴら樽を拾った者は、金比羅宮へ代参して、これを奉納しなければならぬ。」

  講談社 1995年初版 後に改題して文庫化 初出同年刊「季刊歴史ピープル」初夏号
                           「りや女の仇討ち」を改題

今では、地元の各企業が祭に協賛して各社の旗を酒樽に付け、
海には流さず直接、金比羅宮に奉納するようです。
一空樽(一度酒樽に使った古樽)が現在は入手し難くなって来たので、
樽屋に新しい酒樽の注文が入ります。
奉納する酒樽ですから、普段より襟を正し、材料も心持ち良いものを吟味して作ります。

写真は昨年、若冲と応挙の展覧会を観に行った折に最上段まで登って撮影したもの。
因に酒樽の中でも上段左の縄の架かっていない物は本当に酒樽として使われた「一空樽」で
「たるや竹十」製ではありません。

全ての酒樽には三ツ輪掛けという特殊な縛り方の縄を掛けて奉納します。

2008年10月25日

新潟の樽太鼓(たるだいこ)


秋祭りにおける樽太鼓の極めつけは、やはり「にいがた総おどり」でしょう。
かつて農民たちが三日三晩、樽太鼓を叩き下駄を鳴らして踊り続けたという祭りを
地元の若い有志たちと企業の協賛を得て復活させ、動画の中心で樽太鼓を叩いている永島鼓山先生の指導の元、祭り好きの若い男女の共鳴をバックに今や新潟を代表する祭りに発展しました。
たるや竹十へもメンバーの一人佐藤さんがわざわざ訪ねて来てくれて、強いバチにも耐えられる特殊な樽太鼓を何種も試作し、現在の新潟専用強化型樽太鼓が完成しました。

来年こそ、この祭りに参加するつもりでおります。

  水の新潟〜〜〜〜〜〜〜〜
 
  末は万代ばんだい はしゃ長い はしゃ長い
  とんとと たたけよ 樽たる砧 きぬた 港にお船が よってきた
  (サアサ ハラショ ハラショノロンロン) 北原白秋作詞「新潟小唄」

taru2.jpg

新潟樽きぬた ~明和義人口伝~ という本が出たというので、昨年早速注文しましたが、
残念ながら、内容は「祭り」から少し外れていました。

2008年10月26日

酒樽屋のお八つ 其の貳拾肆

DSC07444.JPG

DSC07446.JPG

地元では知らない人はいない「大西商店」の焼きまんじゅうです

注文を受けてから三代目の店主自ら焼いてくれます。(一人で切り盛りしているのですが)
ご覧のように、この日は5個頼んだのです。
自家製の美味しい餡とカスタードの二種あり。
一個なんと80円
どこのデパ地下に行っても売っていませんよ。
たこ焼きも人気商品のひとつ。

夏になると、「アイスもなか」が人気になります。
何故か今の季節でも「かき氷」が食べられるのも不思議です。
店内でも食べられるようになったのですが、扉は開けっ放しですから。

神戸市東灘区御影本町 2-17-10
10:00~20:30頃

078-811-2114
不定休


2008年10月29日

酒樽屋を撮るアマチュアカメラマンとウーマン

DSC07586.JPG

酒樽屋も観光地化してきて、アマチュアのカメラマンや日曜画家たちがよく来訪します。

左側に見える出来立ての酒樽よりも
「たるや竹十」の店先に並んでいる古樽がお気に入りのようです。
古樽やタガを並べている木製の棚は醸造用の桶を干すためのもので、決して古い酒樽(さかだる)を並べるためのものではありません。
普通に「たな」と呼んでいますが、特別な呼び方があるのかも知れません。
暖気樽を乾かす棚はもっとシンプルな形をしていて「ぬくめだな」と呼びます。

2008年10月30日

爆発寸前の漬物樽(だる)

DSC00520.JPG

これは、日本ではなく北フランスの光景です。
どこの国でも木樽は年々減って来て石油を原料とした化学物質製の容器が99%を占めるようになりました。

この容器は草入れに使っていますが、余りに大量に入れたためと経年による劣化のために
側面が割れて来ております。ますます亀裂は広がって、爆発するのは時間の問題でしょう。

こういった人工樹脂による容器は安価で扱いも簡単なので1970年頃から急速に普及した事は皆さんの家の中にある各種容器をご覧になればお判りかと思います。

ただ、その反面、どの町にもあった桶屋さんが壊滅状態になり、樽屋も需要が激減しました。
また外材に押されて内材が売れないものですから日本の森林も手入れをしないものですから、
荒れ放題になってしまいました。
竹もしかりです。
今頃になって、昔の方がよかったから元に戻せと言われても、手遅れです。
職人もいなくなり、技術の伝承もされることなく消えてしまいました。


「たるや竹十」では、古い資料を参考にして昔の製法を復元し、材料は各地の業者の協力のもとに良質の木樽を作るよう心がけております。


たるや 竹十

  • たるや 竹十



  • 写真及び記事の無断転載はご遠慮下さい
  • About 2008年10月

    2008年10月にブログ「酒樽屋日誌」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

    前のアーカイブは2008年09月です。

    次のアーカイブは2008年11月です。

    他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

    Powered by
    Movable Type 3.35