« 木樽を使った植木鉢 | メイン | 三十個の樽太鼓 »

やっぱりパーティの酒樽は鏡開き

DSC06257.JPG

アトリエドームの坪文子さんの依頼でgrafの10周年記念パーティのために五升(9ℓ)の酒樽(さかだる)を持って行きました。

五升の酒樽は小さくて「鏡開き」をしにくいので、呑み口から出す形にいたしました。
しかし「鏡開きはしないの?」という声が会場のあちこちから聞こえ、大勢の人たちの前では、やっぱり「鏡開き」に限ると再認識。
酒樽屋のおやかた、反省する事しきり。
ハレの舞台には、やっぱり「鏡開き」でした。
DSC06256.JPG


DJブースではリリースされたばかりの「ウリチパン郡」のニューアルバム「ジャイアント クラブ」が。

DSC06251.JPG

会場で人気だったのが、数字の十とクロスを象った巨大なケーキ。
あっという間に食べられてしまいました。
口にしたのは周囲の野菜だけです。
「花は食べられません」の注意書きあり。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taruya.com/mt/mt-tb.cgi/206

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

たるや 竹十

  • たるや 竹十



  • 写真及び記事の無断転載はご遠慮下さい
  • About

    2008年04月27日 23:08に投稿されたエントリーのページです。

    ひとつ前の投稿は「木樽を使った植木鉢」です。

    次の投稿は「三十個の樽太鼓」です。

    他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

    Powered by
    Movable Type 3.35