« 酒樽屋からのお詫び | メイン | 木製の漬物樽(つけものたる) »

酒樽屋 四斗酒樽をつくる

%E5%9B%9B%E6%96%97%E9%85%92%E6%A8%BD.JPG

作りかけの四斗樽(よんとだる)です。
四斗とは72リットル、即ち一升瓶が40本入りる樽(たる)です。

昔は酒樽(さかだる)といえばこの四斗樽だけでした。
その後、この半分の二斗樽(にとだる)、またの呼び名を「ハンダル」。
四分の一の一斗樽(いっとだる)、別名小樽(こだる)というように小型化され、
一斗樽主流の時代が戦後長く続きました。

今また、この四斗樽(たる)の存在感が見直されて、注文が多くなっています。
最後に泣き輪、またの名を尻輪という箍(たが)を入れて樽が出来上がります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taruya.com/mt/mt-tb.cgi/153

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

たるや 竹十

  • たるや 竹十



  • 写真及び記事の無断転載はご遠慮下さい
  • About

    2007年07月13日 09:28に投稿されたエントリーのページです。

    ひとつ前の投稿は「酒樽屋からのお詫び」です。

    次の投稿は「木製の漬物樽(つけものたる)」です。

    他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

    Powered by
    Movable Type 3.35